読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語学習・留学、海外滞在ブログ:en30

学校選び、留学体験記、英語学習など教育についての総合ブログです。

オランダでの電車の乗り方。一歩間違えるとトホホな目に(;´д`)・・・。

オランダ事情あれこれ

Nijmegen IRM train afternoon HDR

 オランダの電車は、大体空いているし綺麗だし快適なんですが、外国人は多少罠にかかる場合があります…。

 というわけで、つい最近罠にかかった人(わたくし汗)がオランダの鉄道事情について語ることにしました。

 そうえいば、オランダ人学生は、電車無料で乗り放題!なんですよーーー。いいですよねえーー。旅行し放題ですわよ。

 

 

OVチップカード

 オランダのNS(国鉄的なもの)では、都市部では大体OVチップカードが導入されています。これは、日本でいうところのSUICAみたいな電子型交通マネーです。路面電車、地下鉄、バスなど、すべてこのカードにチャージしておけば乗れますので、いちいち切符を買う手間が省けて便利です。

 種類は

  1. 使い切りカード
  2. 匿名カード
  3. 写真付きカード

の三種類がありまして、写真付きカードだと、なんと交通料金4割引きです!これを作るにはオランダに銀行口座を持っている必要がありまして、オートチャージ機能も付けられるみたい。オランダ人は、大体この写真付きカードを所持しているみたいです。

 というのも、電車料金は結構高めに設定されているので…(5駅で3.5ユーロくらい取られたりとか…)、割引を使ってやっと、普通の値段になるような気がします。

 写真付きは年間何十ユーロかの基本料金が別途必要みたいですが、頻繁にあちこちに出掛ける人は、すぐに元が取れちゃいます。

 わたしは、滞在期間もそれほど長くなく、他の駅にお出かけするのも、たまになので、二番目の匿名OVチップカードを使ってます。

 

 

風車と真っすぐな地平線という、いかにもオランダな光景。

f:id:honeybushtea:20161027174047j:plain

裏側。これが結構綺麗なんですよ~~。複雑なホログラムが入っていて、傾けると光を反射して模様がキラキラと移り変わる・・・。

f:id:honeybushtea:20161027174157j:plain

 この匿名カードを使うと、おおよそ一乗車あたり一割ちょっとだけ、割引になります。カードを最初に購入するとき、7.5ユーロかかりました。五年間有効だそうです。

 駅の自動発券機や窓口で買えます。窓口は多少手数料がとられるので、自動券売機がお得。画面下の方にあるイギリス国旗を押せば、英語に切り替わるので、基本英語が分かればなんとか買えます。クレジットカード(日本の銀行でOK)かデビットカード(オランダの銀行口座)での支払いになります。

 それから、スキポール空港など主要駅からは、一日限りどこか特定の駅までの普通切符も買えます。

20ユーロはチャージしていないと、乗れない。

変てこりんなシステムですが、匿名カードには、乗車の際必ず最低20ユーロはチャージしてある必要があります。チェックインの際に、カードから20ユーロが引かれ、降車のさいに、20ユーロがまたカードに返金されます。

オランダの駅には改札がない??

改札は、あるところも無いところもあります。

例えばライデン・セントラルステーションには、以下のような改札があります。

f:id:honeybushtea:20161027175107j:plain

改札機械にタッチして、バーが開くという日本の電車と同じような仕組みになってます。

f:id:honeybushtea:20161027175119j:plain

上は、デン・ハーグ駅です。いや~駅のデザインが恰好いい~!天井は透明になっていて日差しが複雑な模様をくぐってホームに落ちてきます・・・。

 んーとそして、この駅には特に改札口がありません・・・。なので、電車降りてそのまま外に出れちゃうし、逆に乗ろうと思えば、そのまま電車に乗れてしまいます。

 けどもちろん、入出場記録は付けなければいけません・・。

f:id:honeybushtea:20161027175120j:plain

駅のプラットフォーム上に、こういうタッチパネル搭載ポールが突っ立っております。なんで、これにピピッとタッチして駅を出ます。

 まあ、日本人だと、改札があって当たり前なので、カードの出場処理をしてくれる場所を探すと思いますので、たぶん忘れることは少ないかと思います・・。

 しかし出場忘れると、20ユーロが返却されないってことなのですので、かなり大損しますよ汗

 

オランダの駅のトイレは有料が多い

f:id:honeybushtea:20161027175112j:plain

駅のトイレは、有料のところが多そうです、一回70セント。100円弱です。ちょっと高いなあ・・・。

 

オランダの駅弁?

f:id:honeybushtea:20161027175118j:plain

オランダにはいわゆる駅弁的なランチボックスはあまりないですが、駅では色々食べ物屋さんがあったり、キオスクがあったりです!

 ドリンクやパン、ピザ、ハンバーガー、スナックやお菓子が売られてます。

 嬉しいのは、上の写真みたいに、生のお野菜も結構置いてあることでしょうかー。買ったのはミニトマト、あと林檎なんかの果物や、バナナ、林檎のスライスなども置いてあります。右はラップサンド。美味でした。

 オランダの国鉄内には、座席横に小さなゴミ箱が取り付けられているので、食べた後はそこに捨てればいいのも便利ですな。

 

二階建て車両がある

f:id:honeybushtea:20161027175123j:plain

これは二階席です。シートはこんな感じで横並び。ゆったりしたソファ型なので結構くつろげます。向かい合わせになってたり、なってなかったり。

 列車の中は、基本的に安全なように感じました。オランダは、ヨーロッパ諸国の中では犯罪率が低い国です。とはいえ日本は極端に治安が良いですので、日本にいるときよりは注意が必要ですが。

 

車掌さんに電車を降ろされた話!

 で、まあ(;´д`)トホホ体験をしましたので、話のネタにしましょう・・・。

その日私は、デン・ハーグで友達と会って、自分の街に帰ろうとしていました・・。ハーグに改札はないので、例のプラット・フォームに突っ立っているポールにOVチップカードをタッチして、チェックインします。

 ぴぴっ。おけー・・・。

 しかしこのとき、やや引っかかっていたんですよねえー。

 というのは、タッチした時、画面が一瞬ピンク色に変わったんです。で、アレ??と思った。しかし、オランダ語表示なので読めない・・・わけでそのまま電車に乗ってしまいました。

 しばらく電車に揺られて景色を楽しんでいると、やがて車掌さんが検札に回ってきました。こういうのは抜き打ちであるみたい。

 で、OVチップカードを見せて・・彼女はそれを何やら機械で読み取ります・・・。

そして「次の駅でおりてください」と私に告げたのでした・・!

ナヌー・・。

 なんと、入場処理がちゃんと出来ていなかったみたい。その場合は、罰金(どうも50ユーロらしいが・・・高!5千円以上です)を取られることになっているようだ。だから、いったん次の駅で降りて、入場処理をし直して次の列車に乗れ、それは15分後にくるから・・・ということのようだ。

 あへえ・・仕方なく、次の駅で降りる・・・。

f:id:honeybushtea:20161027175128j:plain

↑SOSボタンも設置されていた。

カードをポールにタッチしてしばしプラットフォームで待つ・・・。

やはりさっき画面がピンク色に変わったのは、うまくチェックインが出来ていなかったということらしい・・・。

f:id:honeybushtea:20161027175115j:plain

無駄に電光掲示板の写真を撮ってみたり・・・。

「Sprinter」というのは、なんか速そうな名前だけど各駅停車のことですちなみに。

 あまり人のいない駅だった。ここも改札はなくて、プラットフォームから直接、外の道につながる階段がある。なんか開放的である。。

 それにしても寒い・・・。(;´д`)トホホな気分である。

で、次に来た電車に乗った。

果たしてどう処理されるのか??

駅から出るとき、罰金も一緒に取られてしまうのか疑問に思いつつ、チェックアウト。

すると、片道3.5ユーロ本当だったらかかるところを、2.8ユーロくらい引かれただけですんだ。何駅か後から入場したことになったので、その分安くなったのだろう。罰金は取られなかった。どうも、罰金を取られなくてもよいように、途中駅で降りてチェックインし直すように言ってくれたようだ。

 そんなわけで、結果的には何十円かお得に乗れてしまった・・!そんなわけで今回は途中ホームで待たされるとか、電車から追い出されるとか、何かトホホな思いをしたわけだが、結果オーライではあった。

 後からNSのホームページを見たら、どうもチェックインやアウトの不具合が起きたときに返金して貰えるケースもあるみたい。オカネを没収されてしまったときは、いちど窓口に相談する余地もあるのかもしれない。

 ともあれ皆様、チェックインとアウトのさいは確実にタッチしましょう!

スポンサードリンク