勉強アプリ、学習、留学ブログ:ペンギン30

ブログ名は「ペンギン30🐧」です!勉強アプリや、語学学習、オランダ情報、留学体験記、大学職員などについてのブログです。

ユーロコインのデザイン国別一覧!絵柄の種類や由来も解説するよ☆EUに行ったら集めてみよう!【ヨーロッパ硬貨まとめ】フランス、イタリア、ドイツ等々・・・

Euro coin


 ヨーロッパのEU加盟国に行くと、ユーロを使うことになります。何気なく買い物に使うEUROコインですが、これ、よく見るととても絵柄が素敵なんです♪

 しかも国ごとにオリジナルの絵が刻印されていることをご存じでしょうか?

 やっぱり世界中にユーロ硬貨のコレクターがいるみたいです。

 例えヨーロッパの一か国にしか旅に行かなかったとしても、ユーロ圏でぐるぐると流通しているお金ですので、EU諸国の色んなコインが混じっています。

 長期滞在する方や、旅行によく行く方は、コレクションしても、面白いと思います。

 それぞれの国をあらわす文化遺跡や人物などの模様が入っていますので、集めがいがあると思います!

 そんなわけで今回は、主なユーロコインにどんなものがあるのか、国ごとにまとめてみることにしました。基礎コインの他に、記念コインも存在しているようですが、それを書き出すときりがないので、現在ベーシックに流通しているものを書きます。

 尚、随時更新中ですのでまだ網羅してません。今書いている国については、目次を御覧くださいませ。

 

 

★目次☆

 

 

イタリアのユーロコインの模様 

2ユーロ

f:id:honeybushtea:20180505115704j:plain

戯曲家、ダンテ・アリエギーリ(1265年 - 1321年)の肖像画です。ラファエロが描いたもの。頭にかぶっているのは詩人の象徴、オリーブの冠でしょうか。

 

 ダンテの「神曲」は日本でも歴史の授業などで暗記させられますよね。

天国、煉獄、地獄を経巡るお話。色々な物語の発想源になっていて、ダンテはルネサンスの先駆者ともいわれています。

 

1ユーロ

f:id:honeybushtea:20180505120502j:plain

これも有名。1490年頃、レオナルドダヴィンチが描いた人体の構成図。

人類の図像として、異星人に届けるため、宇宙船に乗せられたことでも知られています。

 一人の男が、十字型になっているものと、そこから少し足を広げた姿が二重になっているものです。

 

50セント

f:id:honeybushtea:20180506110252j:plain

西暦175年くらいに建造された、皇帝マルクス・アウレリウスの騎馬像。

この彫刻をもとにしたコインです。アウレリウスは「五賢帝」の一人に数えられています。軍事よりも学問に熱心だったとして「哲人君主」とみなされています。

 

20セント

f:id:honeybushtea:20180506110311j:plain

 一見、ピエロみたいにも見えますが、これはウンベルト・ボッチョーニという未来派の美術家の彫刻「空間内における連続性のユニークな形」というものを元にしています。1913年に作られました。

 実際の彫刻は下のようなもので、なかなかアバンギャルドなのが分かると思います。

Unique Forms of Continuity in Space

10セント

f:id:honeybushtea:20180506110325j:plain

これも、誰しも一度は見たことありそうな、ボッティチェリの絵画「ビーナスの誕生」からビーナスの頭部分を取ってきたものですね。

 1480年頃に描かれた絵画です。

Venus botticelli detail.jpg
By http://ghistoria.files.wordpress.com/2010/05/venus-botticelli.jpg, Public Domain, Link

 上の 絵ですね。全体像は、真珠貝の上に裸のビーナスが立っている、あの絵です。

 

5セント

f:id:honeybushtea:20180505122829g:plain

 ローマにある観光名所、コロッセウム。円形闘技場をかたどっています。

コロッセウムは西暦70-80年頃に建造されたと推定されています。剣闘士と獣が戦いを繰り広げていた場所です。

 

2セント

f:id:honeybushtea:20180506092607j:plain

1863年から、シナゴーグとして建築された、トリノにある塔。

Mole Antonelliana - Turin - Italy


アレッサンドロ・アントリネという建築家にちなんで、アントネリアナと呼ばれてます。現在はイタリア国立映画美術館として使用されていて、美術館としては世界で一番高い建物だそうですよ。

 

1セント

 

f:id:honeybushtea:20180506092940j:plain

デルモンテにあるお城です。

Castel del Monte

13世紀、南東イタリアの丘の上に、皇帝フレデリック二世によって、要塞兼お城として建てられました。世界遺産にも登録されています。

 要塞なので堅牢な作りになっていますが、シンプルだし使われている石の色も風景と溶け込んでいて綺麗ですね。

 

フランスのユーロコインの模様

2ユーロ

f:id:honeybushtea:20180506093922j:plain

「自由、平等、博愛」というフランス革命のモットーが刻まれています。

絵柄は、生命の樹、ユグドラシル。

六角形で囲まれています。生命の樹は、継続性や発展、繁栄のシンボルです。

1ユーロ

f:id:honeybushtea:20180506094307j:plain

同じ、生命の樹の模様。こっちは、外側が金色、中が銀色なので、2ユーロコインと色が反転してます。

 

50セント・20セント・10セント

f:id:honeybushtea:20180506094509j:plain

50~10セントまで絵柄は同じ。

第一次世界大戦中から、フランスでは硬貨に使われてきた絵柄で、「種まく人」ということです。新しく昇ってきた朝日を浴びながら、大地に種をまく女神様のような存在でしょうか。

オスカー・ロティという芸術家によって、もともとはフランスの農業省が作ったメダルのためにデザインされたのが発端です、

 

5セント・2セント・1セント

f:id:honeybushtea:20180506095341j:plain

この女性はマリアンヌといい、「共和国の勝利と繁栄」を象徴する彫刻から来ています。自由と理性の象徴でもあるそうです。彫刻本体はパリの国民広場に建てられています。

 

ドイツのユーロコインの模様

2ユーロ

f:id:honeybushtea:20180506100431j:plain

ドイツの、伝統的なシンボル。もともとはワイマール帝国の紋章としても使われていました。

盾など戦争時の武具に昔からあしらわれていた紋章ということです。

羽を広げた鷲の姿です。

f:id:honeybushtea:20180506100853p:plain

この色使いは、ドイツの国旗とも共通しています。(黒、黄色、赤)オーストリアの紋章にも使われていて、かなり古い時代から国の象徴として使われてきた模様だそうです。

 

1ユーロ

f:id:honeybushtea:20180506101148j:plain

1ユーロ硬貨は2ユーロ硬貨の反転バージョン。フランスと一緒で、1ユーロの方が、銀色が内側になっています。

 

50セント、20セント、10セント

f:id:honeybushtea:20180506101414j:plain

50~10セントまで絵柄は同じ。

ベルリンの中心部にあるブランデンブルク門をかたどっています。

この門は、冷戦時代には、東西ドイツ分断の象徴でした。そしてベルリンの壁崩壊後は、ドイツ統一の象徴となりました。

Brandenburg Gate at night

 開かれた門は、統一されたドイツと、そしてヨーロッパ連合への統合のシンボルとなっています。

 

5セント、2セント、1セント

f:id:honeybushtea:20180506102008j:plain

5セントから1セント硬貨は同じ模様で、オークの樹の枝をかたどっています。

オークの樹は日本だと楢や樫の木などにあたりますが、西洋のオークは、はるかに大木に育つそうな・・。昔のドイツペニー硬貨の模様を引き継いでいます。

右に、どんぐりが成っているのが可愛いですね💛

 

ベルギーのユーロコインの模様

2ユーロ、1ユーロ、20セント

f:id:honeybushtea:20180506102639j:plain

 

 ベルギーは三種類のコインに同じ肖像画を利用しています。

1934年に生まれた王様、アルベール二世を描いています。立憲君主で第六代ベルギー国王でした。(2013年まで在位)

 

 

50、10、5、2、1セント

f:id:honeybushtea:20180506103251j:plain

 こちらは五種類の硬貨に共通のデザイン。

2013年に王位を継承した現在の王様、ベルギー国王フィリップです。

ヨーロッパの国王の中では三番目に若い王様。1960年生まれです。

頭の後ろの王冠の下には、FPと名前を示す文字が入っています。アルベール国王の場合は、Aと刻まれていました。

 

スペインのユーロコインの模様

2ユーロ、1ユーロ

f:id:honeybushtea:20180506104011j:plain

 

スペイン王フェリペ六世をかたどっています。2014年に父親のカルロス王から王位継承しました。現在は、スペイン語圏の国々の間での国際的連帯や、人類愛を促進する活動をされているとのこと。

 

50セント、20セント、10セント

f:id:honeybushtea:20180506104707j:plain

 この昔風の衣装を着た髭のおじさんは、ミゲル・デ・セルバンテス。スペインの小説家、詩人、戯曲作家で、「ドンキホーテ」の作者でもあります。

1547年、マドリードで下級貴族の次男として生まれました。

スペインでは、国際的に名声を博した、はじめての作家でした。

 

5セント、2セント、1セント

f:id:honeybushtea:20180506105146j:plain

キリストの使途、聖ヤコブが埋葬されているといわれる、オブラドイロ広場にある大聖堂のファサード。サンチャゴ・デ・コンボステーラです。

Santiago de Compostela

11世紀初頭に建築され、美しいバロック様式のファサードで有名です。


 ポルトガルのユーロコインの模様

2ユーロ、1ユーロ

f:id:honeybushtea:20180507101911j:plain

1144年に作られた、ポルトガル王家の紋章です。

 中央の紋章が七つのお城と、五つの盾、それにもちろん一番外側にはヨーロッパ諸国を表す星々に囲まれています。

1ユーロは、これの反転バージョン。内側が銀色になります。

個人的には外側が金色の1ユーロバージョンの方が綺麗に見えるなあ・・・。なぜだ。

 

50セント、20セント、10セント

f:id:honeybushtea:20180507102511j:plain

 これは、個人的に、勝手に昔の海洋王国ポルトガルだから、羅針盤でも象っているのかなあ、などと勝手に思っていました。しかし違った。

 これも王家の紋章です。西暦1142年バージョン。これも七つのお城と五つの盾に囲まれています。

 

5セント、2セント、1セント

f:id:honeybushtea:20180507102848j:plain

 こちらも王家の紋章。1134年に作られたもの。

あまり紋章という感じでもないですが・・。十字型です。

七つの城と五つの盾に囲まれています。

ポルトガルのコインは紋章のみですが、中世から取り出してきたような模様が味わいあります。

 

オーストリアのユーロコインの模様

2ユーロ

f:id:honeybushtea:20180507103405j:plain

 この女性はベルタ・フォン・ズットナー(1843年6月9日 - 1914年6月21日)というオーストリアの作家。

王女様とかではありません。

 

平和活動家でもあって、1905年に、女性で初めてノーベル平和賞を受賞しました。

「武器を捨てよ!」という題名の小説は戦争の恐怖を描いたもので、平和の大切さを訴えるのに重要な物語として影響力を持ちました。

 

1ユーロ

f:id:honeybushtea:20180507103953j:plain

1ユーロ硬貨のデザインは、お馴染みのモーツアルト!

ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトです。

小学校の音楽室に貼ってあった肖像画を思いだします・・。(笑)

オーストリアといえば音楽の国というイメージも、彼の存在は大きいですね。

小さな頃から天才的な才能を発揮していました。五歳にしてすでに鍵盤楽器やバイオリンに熟達していて、ヨーロッパの王族の間で演奏したり、作曲すら始めていました。

17歳でザルツブルクの宮廷音楽かとして雇われます。

 

50セント

f:id:honeybushtea:20180507104448j:plain

なんだか一見よく分かりませんが。

これはウィーンで盛んだった芸術様式アールヌーボーの勃興を象徴する建物。

分離派会館です。

Secession building

1898年に、ジョセフ・マリア・オルブリッヒが設計したもの。第二次世界大戦中に爆撃され、ドイツ軍によって火を放たれましたが現在は修復され、展示施設として使われています。

クリムトの大作も常設展示されてます。

真ん中の黄色いドーム部分は、月桂樹がモチーフです。このかたちから「金のキャベツ」とも呼ばれているとか(笑)

 

20セント

f:id:honeybushtea:20180507105636j:plain

 バロック様式の宮殿、ベルヴェデーレ。1955年にオーストリアの主権回復のサインが行われたのがここなので、自由の象徴になっています。 

アッパーパレスと、ローワーパレスの二つが18世紀に作られました。

Schloss Belvedere


ハプスブルク家につかえる将軍の夏の離宮として作られたものです。庭園も広大で、国際的にもバロック様式のもっとも美しい建物の一つです。

 コインの模様は、宮殿本体を、門越しに見たものになってます。

 

10セント

f:id:honeybushtea:20180507110518j:plain

ウィーンの、聖シュテファン大聖堂です。こちらはゴシック様式。

Stephansdom


世界でも3番目に高い教会建築です。モーツァルトの結婚式や葬儀が行われた場所でもあります。晩年にモーツアルトはここで楽長も務めていました。

 

5セント

f:id:honeybushtea:20180507111312j:plain

 アルプスの花、プリムローズです。

10センチもいかないほどの可憐な花。

100425_SchlossHof101

淡いクリーム色から濃い黄色まで色には幅があります。

 

 

2セント

f:id:honeybushtea:20180507111828j:plain

 これもアルプスの花、エーデルワイスです。

Edelweiss

 

オーストリアの国花でもあります。小さくて白いこの花はオーストリアの田舎に行くと、どこにでも見つかります。野生でも、庭でも・・・。

名前には、気高い白、といった意味があります。

 

1セント

f:id:honeybushtea:20180507112422j:plain

リンドウの花です。ヨーロッパ、アジア、アメリカで広く観られる花。アフリカ、オーストラリア、ニュージーランドにも分布してます。

 

オランダのユーロコインの模様

 オランダでは2013年まで鋳造されていたベアトリクス女王の柄と、2014年からのウィリアム・アレクサンダー王の柄の2種類が流通しています。

 

2ユーロ、1ユーロ

f:id:honeybushtea:20180507113724j:plain

ベアトリクス女王編。

2013年まで女王様でした。若い頃にヒトラー・ユーゲントだったドイツ人外交官と結婚。旧敵国だったので世論の反対もあったそうです。

 結婚式の時にはデモ隊が押し寄せました。けれど夫であるプリンスは次第に国民の信頼を得るようになっていったそうです。凄いですね。

 文様は、かなりシンプル。誰だかよく分からないくらいデザイン化された横顔になっています。

f:id:honeybushtea:20180507114558j:plain

ウィリアム・アレクサンダー編。ベアトリス女王の息子で、現在の王様。

こちらも、かなりシンプル。彫刻みたいに描かれていますので誰だかよく分からない・・(笑)

実際のお顔は、こんなにゴツい感じではありません。

王妃はアルゼンチンの軍事政権出身で、これまた結婚時には少し問題になったそうです。

 

50セント、20セント、10セント、5セント、2セント、1セント

残り六つの硬貨はぜんぶ絵柄が一緒です!なんというか質実剛健なオランダらしい・・(??)

f:id:honeybushtea:20180507115132j:plain

ベアトリス女王編。

こちらは°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°きらきらとお星さまに囲まれた横顔デザインになっています。

 

f:id:honeybushtea:20180507115348j:plain

アレクサンダー王編。

あんまり2ユーロコインと変わらない上に、文様を使いまわしているような??

 

 

ギリシャのユーロコインのデザイン

2ユーロ

f:id:honeybushtea:20180508112449j:plain

 流石に、ギリシャは、ギリシャ神話をモチーフにしています。これは雄牛に化けた大神ゼウスにさらわれるエウロパ姫。

 3世紀のスパルタ遺跡から発見されたモザイク模様からとられています。

ゼウスはエウロパをクレタ島に連れて行き、自分の正体を明かします。そしてエウロパはクレタ島の最初の王女になったそうな。

 このエウロパというのは「ヨーロッパ」の基になった名前なんです。

そんな起源的場所としてのギリシャの誇りが込められているのかもしれません。

 

1ユーロ

f:id:honeybushtea:20180508112910j:plain

 

 フクロウ模様です。

女神アテナの象徴でもあります。アテナは職人や知恵、戦闘を司る女神。

アテネという都市の守護神でもありました。アテナは、アテネの人々にオリーブの樹を与えたといいます。

オリーブは木材のもなるし、油もとれて、もちろん食べれるという貴重な植物です。

 

50セント

f:id:honeybushtea:20180508124724j:plain

 エレフテリオス・ベニゼロス (1864-1936)は、12年間も首相を務めたギリシャの政治家。外交者や社会改革に手腕を発揮した。ギリシャを近代国家にする上で大きな役目を果たして、またバルカン戦争を勝利に導いて、北ギリシャを解放、クレタ島などを領土とした。

 

20セント

f:id:honeybushtea:20180508125337j:plain

イオアニス・カボディストリアス (1776-1831)は、初代のギリシャ外交官で首相。

外交、教育、司法、公共政策、社会福祉、農業、株式や商業などの分野に多大な貢献をしている。

 

10セント

f:id:honeybushtea:20180511173801j:plain

リガス・フェレオス(1757-1798)は、ギリシャの詩人でした。オスマン帝国からバルカン半島を解放することを訴えた詩を作りました。

オスマントルコの支配に対して反旗を翻そうとしましたが、オスマン帝国により捕まって処刑されました。

 

5セント

f:id:honeybushtea:20180511211512j:plain

現代のタンカー船。

ギリシャの伝統でもある海事の遺産のシンボルになっています。

 

2セント

f:id:honeybushtea:20180511212142j:plain

コルベットは小型の、軽装軍艦。小回りが利く船です。

1821年からのギリシャ解放戦争の時に大活躍しました。

 

1セント

f:id:honeybushtea:20180511213030j:plain

紀元前700~300年頃に、もっともよくつかわれていた戦艦。

この時は、敵の船に体当たりして、相手の船体を砕くという方法で戦われてました。

このためには、操作性がよくてスピードが出る形である必要があり、こんなふうに細くて短いかたちになったそうです。

 

ルクセンブルクのユーロ硬貨デザイン

ルクセンブルク公国は、フランスやドイツと国境を接する、とても小さな国。神奈川県くらいの面積しかありません。

 

 2ユーロ、1ユーロ

f:id:honeybushtea:20180513113430j:plain

 ルクセンブルクのコインはすべて、アンリ大公の横顔になっている。

この国の元首である。2000年に即位。スイスのジュネーブ大学で学んでいたときに、大公妃と出会った。大公妃は、キューバ革命でアメリカに亡命した一家の出身。貴族ではないため、結婚は母親の反対にあったようである。

 

50セント、20セント、10セント

f:id:honeybushtea:20180513114201j:plain

 模様がちょっと違いますが、それほど大差ない横顔。かなりシンプルですね。昔はオランダ領だったルクセンブルク。オランダのユーロコインと同じくらいの簡素さになってますね。

 

5セント、2セント、1セント

f:id:honeybushtea:20180513114410j:plain

 やはりシンプル・・・。保守的なデザインになっております。この絵柄が一番、アンリ大公の全貌を見れますね。

 

スロベニアのユーロ硬貨デザイン

 スロベニアはイタリア、オーストリア、ハンガリー、クロアチアと国境を接している中央ヨーロッパの国。現在のEUでも、東の果てということになります。

2ユーロ

f:id:honeybushtea:20180514104931j:plain


 1800年生まれのロマン派詩人フランツェ・プレシェーレンの横顔と、彼の詩句「神はすべての国々を祝福したもう」が引かれています。

 この言葉はスロベニア国歌の歌詞にも使われています。

 

1ユーロ

f:id:honeybushtea:20180514105510j:plain

  プリモス・トルバールーの肖像。「立て、持ちこたえよ」という彼の言葉が刻まれたコインです。スロベニアで最初に印刷された本の著者でした。

 宗教革命でルター派のプロテスタントの教えを広めた神父です。

 しかしその後、ハプスブルク家が反・宗教改革運動を行ったので、いったん広まったプロテスタントの数は減ったようです。

 

50セント

f:id:honeybushtea:20180514110409j:plain

 トリグラウ山はスロベニアで一番高くて、神聖な山です。

「トリグラウ山、私の故郷」という碑銘と、かに座の星々が刻まれています、

スロベニアはかに座の星の基に独立したそうな。

Descending the ridge

トリグラウ山を登る人々。なかなかの絶景ですね・・。

 

20セント

f:id:honeybushtea:20180514110907j:plain

 リピッツアナーは馬の品種。オーストリアのウィーンにある乗馬スクールと関係が深い品種です。

Lipizzan

スロベニアのリピシア村の書くの牧場で最初期の種馬が育てられていました。ハプスブルク家が重用した馬です。

 

10セント

f:id:honeybushtea:20180514112358j:plain

自由の大聖堂。

 ヨジェ・プレチニックというスロベニアの建築家によって、国会議事堂として構想されたもの。でもこの建物は実際に建てられなかったようです。

1872年に生まれ、多くの作品をスロベニアに残しています。

 

5セント

f:id:honeybushtea:20180514114416j:plain

 

印象派の画家、グロハールの「種まく人」のモチーフです。

f:id:honeybushtea:20180514114838j:plain

ゴッホの絵にも、種まく人はありますし、この時期けっこうポピュラーなモチーフだったようですね。フランスの50セント~10セントコインも、種まく人でした。

 日本人にもどこか縁起よく感じられます。

 

2セント

f:id:honeybushtea:20180514115138j:plain

 王子の石とよばれる、柱の土台。

古代ローマ帝国の円柱を支えていました。

本当に、古代ローマ帝国の遺跡は、ヨーロッパ中、東西南北にものすごく広く分布しています。これがヨーロッパ文明の大きなルーツやアイデンティティの一つになっているのでしょうね。

 

1セント

f:id:honeybushtea:20180514115508j:plain

 誕生と長寿のシンボル。コウノトリです。

 

リトアニアのユーロ硬貨デザイン

 ロシアにも近いバルト三国の一つ、リトアニア。コインの模様は全種類、一つだけになっています。

 

2ユーロ~1セント

f:id:honeybushtea:20180901112826j:plain

 

中世のコインみたいで格好いいリトアニア鋳造のユーロコイン。

ヴィ―ティスと呼ばれる、リトアニア国家の紋章です。

左手に掲げた盾についているのは、横に二本線のあるタイプの十字架です。

Flying the Vytis

 

リトアニアに行くと、こんな感じで赤い背景に白い騎士、水色の馬具を装着した馬、というデザインの旗などを見ることが出来ます。

 

ラトビアのユーロ硬貨デザイン

バルト三国の一つ、ラトビアです。

バルト海に属していて、旧ソ連だった影響で、ロシア語も広く使われています。

 

2ユーロ、1ユーロ

f:id:honeybushtea:20180901135458j:plain

 乙女の肖像は、伝統的に美徳の象徴で、1920年代にデザインされた、昔のラトビアの通貨にも使われていました。

編み込み髪をしている、若いラトビアの女性で、冠をかぶっています。肩にはトウモロコシの穂がかけられています。これは農業の影響を受けた、ラトビア文化の象徴です。

 

50セント、20セント、10セント

f:id:honeybushtea:20180901140631j:plain

昇って来る太陽は、国家の象徴です。(日本と同じ!)

第一次世界大戦でドイツ軍とたたかった「ラトビア銃兵部隊」をあらわしています。

盾の上に乗っかっている三つの星は、ラトビアの三つの州(コートランド、リヴォニア、ラトゲール)の意味です。

右側にグリフィンが、左側にライオンが盾を支えています。

 

5セント、2セント、1セント

f:id:honeybushtea:20180901142013j:plain

 

これも、ラトビア国家の紋章を使っています。1918年に、共和国として独立宣言して、1921年に正式に採用されました。

 盾だけのシンプルな模様です。

 

 アイルランドのユーロ硬貨デザイン

アイルランドは英国の左の方の島の大半を占める国。

イギリスとは独立した国家です。首都はダブリンで、公用語はアイランド語と英語です。

イギリスは独自の通貨、ポンドを持っているし、BrexitでEUを脱退することとなりましたが、アイルランドはまだEU圏なんですよー。

 

 2ユーロ・1ユーロ、50セント~1セント

f:id:honeybushtea:20180830144305j:plain

 アイルランドは、全部のコインが、このケルティック・ハープの模様。

ギネスビールの模様にも、大統領の判子にも使われている、アイルランドの伝統的な象徴です。

BRIAN BORU HARP

モデルのハープ(竪琴)は、ダブリンのトリニティ・カレッジで見ることが出来ます。

 

マルタのユーロ硬貨デザイン 

 イタリアのシチリア島と、アフリカ大陸の間に浮かぶ島、マルタ。十字軍の騎士団の要塞があったことでも有名な、とてもミステリアスな雰囲気をたたえる国です。

 マルタ島は、自動車で数時間も走れば、一周できちゃうような小さな島ですが、独立国家です。イギリス領でもあったので、マルタ語と英語が公用語。

 最近は、人気の語学留学先でもありますね☆

 

2ユーロ、1ユーロ

f:id:honeybushtea:20180830151515j:plain

 個人的には、全ユーロコインの中で一番美しいんじゃないかと思っているデザインです!円形のスペースに、シャープなマルタ騎士団の十字架がキラリと光ります。

均整がとても取れているように感じます。

 もともとは、11世紀のアマルフィ共和国(現在のイタリア)のシンボルでした。

V字型の腕が四本伸びています。

第一次十字軍遠征のさいから、騎士団の象徴として使われていたそうな。

 

50セント、20セント、10セント

f:id:honeybushtea:20180830151938j:plain

 マルタの国旗と同じ紋章が刻まれている盾です。

盾の上には、要塞が王冠になったものが刻まれています。要塞には出撃路がひとつと塔が五つ見えていて(本物には8つある)、マルタの都市国家としての強化をあらわしています。

 盾を囲んでいる枝は、オリーブと椰子。平和、勇気、勝利の象徴で、リボンが結ばれています。

 

5セント、2セント、1セント

f:id:honeybushtea:20180830153555j:plain

 マルタは古代遺跡があることでも有名。

このコインの図像の元になっているのは、マルタ島の南の沿岸にあるムナイドラ神殿。

この遺跡群の中でも、最古のものは紀元前3600年~3200年も前のものです。

多くの歴史家が、ムナイドラ神殿の一部の建物は、世界でも、支柱無しで立っている、自立型建築の中で最古のものではないかと推測しているそうです。ストーンヘンジよりも古いとか!

 

フィンランドのユーロ硬貨デザイン

北欧は、ノルウェーやスウェーデンのようにEU圏でも、独自通貨を持っている国が多い印象だったので意外ですが、フィンランドもユーロを使っています。

2ユーロ

f:id:honeybushtea:20180831130229j:plain

北欧以外ではほとんど知られていない、薔薇科の植物、クラウドベリー。

日本ではホロムイ苺とも呼ぶそうな。

この果実はフィンランドでは人気。小さくて、金色の粒粒でできた実です。七月に実って、3週間ほどしか楽しめる期間はありません。

Cloudberry #3

泥道や、湿った牧草地に生えていて、フィンランドでも最北端のラップランド地方が特に有名です。ラップランドの市場には、シーズンになると、この苺の屋台が300以上も並ぶそうな。一度食べてみたいですね。

 

1ユーロ

f:id:honeybushtea:20180831131216j:plain

 

オオハクチョウ、白鳥です。

純白で野生のスワン。フィンランドの民間伝承や文化によく登場します。

ホーホーと鳴きます。

1950年には、フィンランドに40羽ぐらいしかいないと、かなりに減少してしまいましたが、その後は保護活動のおかげで6000羽くらいに回復しました。

泳ぐスワンのロゴは、フィンランド産の食べ物を示すマークにも使われています。

 

50セント~1セント

f:id:honeybushtea:20180831132203j:plain

 

フィンランドの紋章。曲がった刀の上に立っている、冠をかぶったライオンです。ライオンは剣を振りかざしていて、その右手に小手をつけています。

最初にデザインされたのは1580年頃ですが、法律で公式に導入されたのは1978年のこととか。

 

サンマリノ共和国のユーロ硬貨デザイン

 サン・マリノは陸の孤島のような高い山の上にある、秘境のような独立国家です。周囲はぜんぶイタリアですが、ここだけ別の国。面積は、十和田湖くらいしかない世界でも五番目に小さな国なんです。

 ここのコインは、かなりレアだと思いますので、たまたま入手できたらラッキーですよ。

 

2ユーロ

f:id:honeybushtea:20180902120137j:plain

サン・マリノは、ローマ皇帝によるキリスト教の迫害から逃れるために、301年、イタリア出身の石工マリーノが、仲間たちと高地に出て修道院を築いたのが始まりと言われています。

 そんなわけで、2ユーロコインは建国者であるマリーノの肖像です。


1ユーロ

f:id:honeybushtea:20180902121107j:plain

 ティターノ山の山頂に位置するお城。チェスタと呼ばれています。

博物館もここにはあって、中世から現代までの武器を展示しています。13世紀に、この場所にあったローマ帝国の要塞を改造して建てられました。

Cesta tower, San Marino

↑このお城が1ユーロコインの模様になっているもの。

Castle in the Sky

違うお城はこんな感じ!絶景すぎて、いつか行きたい気しかない・・・。

50セント

f:id:honeybushtea:20180902121630j:plain

サン・マリノは世界最古の共和国としても知られていますが、50セントコインも、その始祖、聖マリーノをかたどったもの。信仰していたのは、ローマン・カトリックでした。

 

20セント

f:id:honeybushtea:20180902122528j:plain

聖マリーノが先ほどから手に持っているのは、三つの塔です。

これもティターノ山の三つの頂上に建てられています。国旗にも、サンマリノの紋章にもなっています。

11世紀に建てられて、一時期牢獄として使われていた第一の塔、一番高いところにある二番目の塔は、博物館に使用されている1ユーロコインの塔。

三番目の塔は、14世紀に作られたもので、一般公開はされていません。

The Guaita, San Marino, panorama

 

つくづく、絶景というしかない・・・。

 

10セント

f:id:honeybushtea:20180902124241j:plain

 

新古典派の建築で作られた聖堂で、聖マリーノの聖遺物を収めています。

DSC01782

コインだと分かりませんが、このように瀟洒ながらも、かなり美しくて立派な建物です。

 

5セント

f:id:honeybushtea:20180902125107j:plain

これまた、お城。1ユーロコインとはまた違うお城で、一番高い所に建造されているものです。グアイダの塔と呼ばれています。

 

2セント

f:id:honeybushtea:20180902125455j:plain

「世界を光で照らす自由」という名の自由の女神像。

アメリカ合衆国の独立記念100周年の1886年に仏蘭西から寄贈されたもの・・・・が有名ですが、サンマリノにあるこの女神像は、それより古い!

イタリアのトスカーナ地方の大理石で作られ1876年に、サンマリノの伯爵夫人から寄贈されました。

 

1セント

f:id:honeybushtea:20180902130203j:plain

三番目の塔です。

14世紀に建てられた一番新しい塔になります。

 

モナコ公国のユーロ硬貨デザイン

イタリアとフランスの境目にある世界で二番目に小さな国家、モナコ。

地中海に面していて、F1やタックスヘイブン等でも有名です。

ほとんどの住民が外国籍で、モナコ籍の人は16%くらいしかいないとか。

ヨーロッパには、ところどころに、こういったミニサイズの国家があるのも面白いところですね・・。

 

2ユーロ、1ユーロ

f:id:honeybushtea:20180906205437j:plain

モナコ公国の現在の当主、グリマルディ家のプリンス、アルバート二世です。

 

50セント、20セント、10セント

f:id:honeybushtea:20180906205917j:plain

モナコ公国の創立者、グリマルディ家の紋章です。

なんか、F1関連の映像で、見かけたことがあるような・・・?

 

5セント、2セント、1セント

f:id:honeybushtea:20180906210123j:plain

グリマルディ家は、もともと十字軍第一次遠征の時の、ジェノバの政治家でした。

その子孫は地中海や黒海、北海まで航海してまわり、ジェノバでも強力な一家を築きました。

.

ルクセンブルクのユーロ硬貨デザイン

ヨーロッパのミニ国家の一つ、ルクセンブルグ。ドイツやベルギー、フランスと隣接しているお城が有名な場所です。ミニ国家にありがちですが、マルタやモナコなどと同じく金融が盛ん。

なんと金正日の秘密のへそくり(??)がここに預けられているというニュースもありました・・・。

 

2ユーロ、1ユーロ

f:id:honeybushtea:20180908110105j:plain

リュクセンブルグのユーロコインはどれも、当主のアンリ大公の横顔を描いてます。

2000年に父が退位してすぐに、大公に即位しました。大公の役割はシンボル的なものですが、首相を指名したり、議会を解散したり、法令を発布したり、大使に信任を与える権利も持っています。

 

50セント、20セント、10セント

f:id:honeybushtea:20180908111128j:plain

これもアンリ大公のデザイン違いバージョンです。

Grand Duke Henri of Luxembourg

ちなみに実際のアンリ大公は、上の写真のような、こんなお方です・・・。髪型も四角くて、真面目そうですね。勝手な印象ですが・・。

 

5セント、2セント、1セント

f:id:honeybushtea:20180908113003j:plain

これも同じく、アンリ大公の肖像です。50セントと1ユーロとは、微妙に違う表情をしている気がしますが・・・。ルクセンブルクのコインはそんなにエキサイティングではありませんね。でも希少価値はあります。

 

バチカン市国のユーロ硬貨デザイン

 イタリアはローマ内の特別な国。ローマ法王が治めているバチカン市国。このミニ国家も、独自のユーロコインを発行していますよ。かなりレアものだと思われます。

 

2ユーロ、1ユーロ

f:id:honeybushtea:20180911104850j:plain

誰かというと、265代目の法王、ベネディクト16世。

法王は、全世界のカトリック教会の長であり、ヴァチカン市国の統治者です。

2005年から2013年までのローマ法王でした。

ドイツ出身で、719年ぶりに生前退位したことでも話題になりました。日本の天皇だけではなかった!久々の生前退位でした。

なかなかリアルに彫り込まれている肖像ですね。

 

50セント

f:id:honeybushtea:20180911105642j:plain

こちらも、おなじくベネディクト16世。

これは、ちょっと斜めからカメラ目線で微笑んでいるバージョンです。

 

20セント、10セント

f:id:honeybushtea:20180911105903j:plain

これも、ベネディクト16世のプロマイド。

正面からにっこり微笑んでいるバージョンです。ここまで法王づくしだと、ちょっと面白い・・・。

バチカン市国に行くと、アイドルのプロマイドみたいな感じで、法王の肖像が入った文房具などが買えますよ!

 

5セント、2セント、1セント

f:id:honeybushtea:20180911110123j:plain

これもベネディクト16世。法王づくし。

横顔ですが、かなりリアルです。そしてこれも微笑んでいますね。

なんか持っていると御利益ありそう??な雰囲気が醸し出されています・・・っ!

 

ユーロコインのデザインまとめ

 こんなわけで、欧州諸国のユーロ硬貨のデザインや、その由来をまとめてみました。

各国の美術や文化人、王様、建築、自然などが刻まれていて、ちょっとした風物詩になっているのが楽しいですよね。

 ヨーロッパは何しろ大国だから、たとえ一か国の中にとどまっていても、色々な国のユーロコインを見かけます。

 私もオランダに滞在中、フランス、アイルランド、ドイツ、スペイン、ポルトガル、ベルギー、オーストリア、イタリアとオランダ以外にも8ヶ国もの国のコインが手元に回ってきました。

 ヨーロッパ旅行のもう一つの楽しみとして、コインを集めてみては如何でしょうか??

スポンサードリンク