英語学習・留学、海外滞在ブログ:ペンギン30

ブログ名は「ペンギン30🐧」です!オランダ情報、留学体験記、英語学習、大学職員などについてのブログです。

ウェルスナビで資産が増える仕組みを分かりやすく解説。人工知能(AI)が投資判断してくれるのです☆

Robot Love

 投資や為替取引をするならば、人間の頭脳よりも、ロボット・人工知能の方が向いている!・・・とは、誰もが思うところですよね。

 何しろ、あらゆる株や通貨の値動きを同時に網羅出来ますから、どこが上がってどこが下がっているか、その中でどうお金を移動すれば利益が出来るか、簡単に分かりそうです。

 そして人間のように感情に動かされないので、冷静に安定した投資ができる・・・。

・・・と思っていたら、やはりどんどん開発されています。

AIによる投資サービス。

その中でも「ウェルスナビ」はロボアドバイザーの中でも、預かり資産200億円、ユーザー数が一番多い、国内最大手になります。

 SMBC,三菱UFJ、みずほ銀行など、大手金融機関からも出資を受けていて、信頼性が高いです。

 

 なにしろ、今の時代、銀行にお金を置いておいても、まったく増えません・・・。せいぜい一年で数百円ではないでしょうか・・・。

 これ、投資にまわせば、少しは資産を増やせないかなあ・・・。

 そんなわけで、ウェルスナビが気になったので調べてみました。

なるべく初心者でも分かりやすいように仕組みをメモしておきます。

 

 

ウェルスナビのキャンペーン情報

 現在、手数料のキャッシュバックキャンペーン実施中!

期間中に資産運用を開始すると、手数料の半額が返って来るそうです!

2018年1月以降も続くみたいです。

 額はウェルスナビの口座に振り込まれるとのこと。

 

 

ウェルスナビで安定して儲かる仕組みは?

「国際分散投資」だから安定している。

 海外ETF※ の7銘柄ほどに分散投資、実質的には、約50ヶ国、1万1,000社以上に、投資することになります。

先進国の安定した株式から、伸びしろが巨大な新興国の株式まで、まんべんなく、リスクを分散して投資することで、着実に元本から積み立てていくことが出来るようになっています。

 

 ※ 海外ETFというのは、海外の株式市場での投資信託です。「投資信託」は、出資者の資金を一か所に集めて、そのファンドで専門家が様々な銘柄にバランス良く投資していくものです。

 

世界の富裕層向けのアルゴリズムを使用。

 ノーベル賞受賞したアメリカの経済学者、ハリー・マコビッツ氏。彼の編み出した「ポートフォリオ理論」等に基づいた、高度な金融アルゴリズム(演算)を用いています。

 マコビッツさんは、まさしく、「資産運用の安全性を高めるための理論形成」でノーベル賞を取っています。「効率的な分散投資法」という著作でも有名です。

  

自分の「リスク許容度」に応じて最適化してもらえる。

 ウェルスナビでは簡単診断で、自分のリスク許容度を計測してもらえ、

それに応じた運用を行ってもらえます。

 リスク許容度というのは、おおよそ、以下にあるものが目安になっています。

 

  1. 年齢
  2. 年収
  3. 金融資産
  4. 投資目的
  5. 急落時の対応
年齢 

  年齢が低いほど、リスク許容度は高いです。

 なぜかというと、まだまだこの先働けるから!(笑)

 一時的にお金を失っても、これから挽回できるチャンスを持っているということですね(笑)

 

年収・金融資産

 当然ですが、すでにお金を多額持っていたり、年収が膨大であれば、資産全体からみれば、ほんのお小遣い程度であっても、高額になり、それで全然投資としては、利益も大きく出せる、ということです。

・・・なんともうらやましいです。

 

投資目的

 短期運用だと、リスク許容度が低くなります。

 なぜかといえば、長期運用であれば、一度株価が急落しても、また回復してくるまで待つことができますが、短期であれば、まだ額面が上がってこない、低いうちに利益確定してしまうことになるからです。

 また「余裕資金の運用」の場合でも、なくなっても生活には困らない「余裕資金」なので、ある程度リスクを取って、ハイリターンを狙っていく方法がとれますね。

 

急落時の対応

 相場が急降下した時に、人間はいわゆる「パニック売り」の心理に駆られてしまいます。ますます下がるので、これ以上損をしないうちに、売ってしまおう!という心理です。

 しかし、大胆な投資家は、そうした相場が大荒れに低くなった時に、逆の行動をとります。すなわち、安いうちに買いまくるのです。

 こうすることで、後から市場が回復して株価が上がった時に、大きく稼ぐことができます。

 こういった勝負師的なことをするか、しないか、といったことでもリスク許容度が違ってきます。勝負に出て、低い相場でたくさん買いこむ、という人は、リスク許容度が高い人とみなされます。

 

・・・以上で紹介してきましたように、ウェルスナビで、安定して資産を増やせる理由としては、主に三つありました。

(1)国際分散投資で、あらゆる国の成長と一緒に進み、(2)アルゴリズムによって、リスクの少ない安定した投資を行い、(3)一人ひとりのリスク許容度に合わせて最適化してくれる。

 こんなわけです。

 

ウェルスナビの安全性は?万が一破綻した時に補償される?

Clockwork Robot by Adeel Zubair


 お金を預けるのだから、やっぱり気になってしまうのは、万が一ウェルスナビが倒産してしまったら、預金はどうなってしまうの??という点です。

・・・気になりますね。

 

 ウェルスナビによると、私たちが預けた資産は、会社自体の資産とは、はっきりと分けて管理されるので、ウェルスナビが倒産した場合でも、間違いなく、保護されるということです。

 国際投資信託の額については、世界最大規模の証券保管機関に保管してあり、

現金についても、三井住友とみずほ信託銀行に預けて保管しているとのことです。

 なので、ひとまず安心して良さそうです。

 金融機関としては、当たり前といえば当たり前なのかもしれませんが、ウェルスナビの資本金と、私たちの預金が混ざるということはないわけです。

 なので、ウェルスナビが万が一ピンチになっても、預金は守られます。

 

 そして、念には念を入れて、ウェルスナビは「日本投資者保護基金」にも加入しているため、万が一、分配保管に何か不備があった場合でも、一人当たり1,000万円までは返金保証されます

 銀行も、ペイオフが1,000万円までの保証ですから、それと同じレベルの安全性と考えてよいでしょう。そうすると、やはり普通の銀行口座に置いておくのは勿体ないですね・・・。

 

ウェルスナビを実際に利用している人たちの運用実績は?

 

 

 こんな感じで、皆さん大体、元本に比べて、10%くらい伸びてきている、という意見が多かったです。

 もちろん、リスク許容度をどう設定するか、そしてその時の市場にもよるかと思います。投資信託なので、損することがないとは言えません。

 心配な方は、なるべくリスク許容度を低く設定して、堅実な運用設定にしておく、という手もあるかと思います、

 ウェルスナビは、

 

  1. アメリカ株
  2. 日欧株
  3. 新興国株
  4. 米国債券
  5. 物価連動債
  6. 不動産

 こういった、幅広い分野に、リスク分散して投資しているため、一国の株式だけ買っておく時のようなリスクはなくて済みます。

 

 

ウェルスナビに向いている人、向いていない人

Lego collectable minifigures series 1

 


 ウェルスナビの一番の長所は、なんといっても、

放置しておけば、ロボットが全自動で投資してくれる!!」という、この気軽さでしょう。

 そして気軽なわりには、堅実に財産が増えていくというのが素晴らしい。

 なので、ウェルスナビに向いているのは、

 

  • 面倒くさがり
  • 多忙
  • リスクはあまり取らず、無難な範囲で

という人になるかと思います。

 

そして、短所としては、ロボットに任せちゃうわけだから、自分で細かい判断ができないッ!てことでしょう。

 なので、純粋に投資が大好きとか、百戦錬磨の投資家とか、そういう方には向かないかもしれません。

 投資の面倒くさいところは、色んな銘柄をチェックしたり、会社の四季報、果ては世界情勢までをもチェックして、未来を経済の動きを読んで、最適なところにお金を投下しなければいけないところですよね。

 毎日の株価チャートの揺れ動きも、はまりだすと、気になって気になって眠れないくらいになると思います。

 こういった投資活動を面白いと感じるか、その時間は、別のことに使いたいか、というのが大きな別れ道になると思います。

 

 投資に頭を悩ませる時間を、他のことに有意義に使いたい!という方には、人工知能にお任せしちゃう、ウェルスナビと相性がいいです

 自分で頭を悩ませてハイリスク・ハイリターンに突っ込んでいく時よりは、短期間で大きく儲けたりは出来ないと思いますが、それだけリスクは抑えられますし、自分の労力はゼロですみます。

   FXなど、他のもっとリスクの高い投資に比べると、急激に資産が上下するわけではありません。

 ウェルスナビには、自分の資産とリスクの取り方を入力すると、何年か後の資産予測を出してくれる機能があります。

 それを見ても、割となだらかな曲線で上がっていく感じです。

 着実に、淡々と増えていく感じ。

(もちろん低リスクとはいえ投資なので、時に財産が減る可能性もゼロとは言えないのですけどね)

 

 銀行に預けておくよりは、全然良さそうだなあと思いました。

 仮想通貨も、今のところ上下動が激しくてリスクは高めなので、堅実に積み上げていくには、こちらが良さそうです。

 

ウェルスナビの公式サイトはこちら。

 

 

 

スポンサードリンク