読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語学習・留学、海外滞在ブログ:en30

学校選び、留学体験記、英語学習など教育についての総合ブログです。

留学先で役立つ持ち物14選。海外滞在に持っていくと便利なもの【オランダ留学体験記】

 

 留学するときは、ついてしばらく滞在してから「あ、あれが必要だった」というものも出てくると思います。長期滞在する場合は、衣替えの時期などに夏服や冬服と合わせて日本から送ってもらうというのも一つの方法なのですが、できたら行くときに持っていっていけたら良いですよね。

 そんなわけで、意外と見落としがちなものや、意外と役立つおすすめの持ち物などを書いておくことにします!

 

トイレットペーパー

 特に、学生寮やアパートにそのまま入る人にはおすすめ。アパートには普通、トイレットペーパーはセットされてません。初日だと特に、お店の場所や買い物の仕方もよく分からなかったりです。しかも、長時間フライトでへろへろになって、やっとたどりついた宿舎で、まずトイレで一息付きたくなる可能性は高いです!

 そんなわけで、一巻だけ荷物に入れておくと、ティッシュペーパー代わりにもなりますし、トイレ以外にもいろいろ使えて便利ですよー。

 

部屋履き用サンダル

IMG_4005-a

  見落としがちなのは、日本と違って諸外国ー特に欧米では、部屋の中では靴を脱ぐ習慣がないこと。とはいえ、ずっとスニーカーや革靴を履いていると足は蒸れるし、靴もいたみます。そんなわけで、部屋履きサンダルがあると便利。

 クロックスなど、水に濡れても平気なタイプだったら、浴室の床が汚くて、あまり素足でシャワー浴びたくない感じの時でも、サンダル履いたまま浴びれるので重宝します。

 

ヒートテック

 特にヨーロッパの北の方では意外と夏でも朝晩寒かったり、一日だけ秋みたいな涼しさになることがあります。そんなとき、吸湿発熱素材の下着や毛糸のタイツがあると便利。わたしのおすすめはユニクロの毛糸のタイツのヒートテック。これは女性用しかないみたいなんですが、おそろしく暖かいです・・・。

 ユニクロ以外にも、ニトリやら西友やらで売っているものでもいいと思います。

 

貼るホッカイロ

 寒がりさんにはこれもおススメ。オランダでは発売されてなくて、オランダ人が「日本から輸入してほしい」と言ってました。「貼る」タイプは、へそ下に貼ると、血管が集まっている箇所だから全身暖かくなるみたいですよー。テレビで言ってました。確かにへそ下は温まります。サーモグラフィ画像によると、腰に貼るよりも全身が温まるみたいですね。

 

 サングラス

 なぜかヨーロッパの人々は日差しが強くても、帽子をかぶらないし日傘も差しません・・・。だから帽子かぶってるとなんとなく浮いてる感じしてしまう。まあ私は気にせず、めっさめさ かぶりまくっているわけですが・・・

 しかしオランダの人がかわりに装備してるのはサングラス。太陽光に色素の薄い目は弱いためですね。しかし、最近は目から入った光の刺激でメラニン色素が分泌されるという説もありますので、日焼け防止にも少しは効果あると思います。

 サングラスかけてると急に現地人ぽさが増しますので、まず見た目からヨーロッパにとけこみたい人は、試してみましょうー。

夜眠る用の布マスク

   日本よりは空気が乾燥しているので、(とはいえオランダはしょっちゅう雨も降るし霧も出るので湿度高い日もたくさんある)、夜眠っている最中に、喉が渇いて目覚めてしまうこともあるかもしれません。なので、一枚眠る時用の、布マスクがあると、風邪予防にいいかも。

 

海外用変換プラグ

 日本とヨーロッパでは、コンセントの形状が違っているので変換プラグが必要になってきます。変換プラグさえあれば、ノートパソコンや、ドライヤー、ケータイ、充電器などの電子機器は、日本から持ってきたものも普通に使えます。

 わたしは、アジアやアメリカ、ヨーロッパなど世界の多くの国のコンセントに対応してて、USB充電ポートも2個ついてるタイプを買ってきました。スマホの充電にも使えるし、なかなか便利ですよ。

名刺

 実は、ヨーロッパでは名刺を交換する習慣ってそんなにないです。アジア人特有の習慣なのかも。とはいえ、連絡先や趣味などを書いて作っておくと、ちょっとした話題のきっかけにもなりますし、覚えてもらいやすいんじゃないかなーと思ってます。

 日本からの留学生に渡すのにも良いですし。旅先でちょっと気になる人がいたとき、いきなり電話番号を聞くのはちょっと抵抗あっても、名刺なら気軽に配れて、のちのち連絡がつけられるかもしれないので便利。

 

パスポートのコピー3枚ほど

パスポートを万が一なくした時の控えとして役に立つのと、結構住民登録手続きやら、大学の学生登録手続きやら何かとコピーを要求されることが多いので、あらかじめ用意しておくとスムーズかと思います。

 

漢方薬やサプリメント

Morning Meds & Supplements

  オランダの薬局にもサプリメントは売っているのですが、日本ほどのバラエティがないです。ビタミンも、太陽不足だからなのか、ビタミンDがやたら売られてるんですが、ビタミンEがなかったり。ブルーベリーサプリ、DHA、アスタキサンチン、ヘム鉄とか、あんまり置いてないです。なんで、常用のサプリは持って行った方がいいかも。

 あと漢方薬も売ってませんので葛根湯や小青竜湯はあると便利かも。

 

体温計

 オランダでは、小数点2度以下まではかれる精密な体温計が薬局ではほとんど売ってません。ネットショップで買えるけれど、日本より高め・・・。なんで、いつも小数点2度以下の体温計使ってるって人は、持って行った方がいいかも。

 

クレジットカード

 海外では、日本よりも治安がよくないところが大半です。そんなわけで、私は念のため新しい銀行口座を開設しておいて、そこと結び付いたクレジットカードを新たに作って持ってきました。新口座には、万が一横領されても、そこまでダメージにならないくらいの額で、かつ当面の生活費を補てんできる額・・・ということで7万円ほど入れておきました。

 

デンタルフロス

 デンタルフロスは、日本のものが質がよい!特に歯の間に入れると膨らむスポンジフロス。これは、アマゾンで他のものと一緒に頼むとクリニカのスポンジフロスが安く買えますので、旅グッズを注文するときに、何個かまとめ買いしておくのがおススメ。

 オランダのフロスは、ビニール紐を細くしたような素材で、すぐ切れる・・・。まあ安いし用は一応足りるんですが。。。

 

番外編:でかいバケツ!

In The Pink Bucket

 アパートにシャワーしかなく、浴槽がないのがさみし過ぎて、バケツを買ってしまいました・・・。日本のもので唯一心底恋しいのは、お風呂です!!あー全身をゆったりお湯につけるあの悦楽よ・・・。今は足湯で我慢しています。

 くるぶしから下だけでも、40分くらいひたして本でも読んでると、全身がぽかぽかあたたまってきます。夜に決行すると、いい感じで眠くなってくる、海外でリラックスしたくなったら試してみてください。 まあ流石にバケツは持っていけないので・・・現地調達ですかね。20リットル入る、でかいバケツがネットで8ユーロくらいで買えちゃいました。

 

まとめ  

そんなわけで、留学中に、意外とあると便利なものをまとめてみました。ご参考になれば嬉しいでしゅるぞ。

スポンサードリンク