英語学習・留学、海外滞在ブログ:en30

学校選び、留学体験記、英語学習など教育についての総合ブログです。

19世紀オランダ美術史・ロマンティシズム、ハーグスクール

ロマンティシズム

DSC_2604

  • 慣習的な手法を使っている
  • 技術的洗練
  • 芸術家は、ムードを醸し出そうとしている
  • そびえる雲、スポットライト、廃墟が特徴的
  • 自然をそのまま写し取るのではなく、その本質を取り出そうとする
  • Barend Koekoekは、Jacob van Ruisdaelの影響を受けている
  • 黄金色の光が特徴的

ハーグスクール(The Haagsche School)

Bomschuit op het strand

  • 特別な題材(沼や砂丘、海辺、スケベニンゲンの漁師達)
  • 雰囲気を表現するうえでの空の重要性、雲の光の当たり方が、感情を表現する
  • フランス、バルビゾン派の影響がみられる
  • 1880年頃が絶頂期だった

19世紀オランダ風景画の特徴

  • しばしばダークでメランコリックである。
  • 夢見るような雰囲気を持っている
  • 対象は中心に位置づけられている
  • 大胆なブラシストローク
  • 牛や海辺の風景を描く
  • 写真のような佇まいを持つ

アントン・モーブは、グレーピリオドを代表している。泥だらけであり、船のポールはフレームからカットオフされている。スケッチのようであり、海と空の境目はあいまい。はっきり切り離されていない。

ジャンル・ペインティング

ジョージ・ブレイトナー(George Breitner)

 

IMGP9177

IMG_001TC George Hendrik Breitner. 1857-1923. Jeune fille en kimono blanc.  Girl in white kimono. 1834. Amsterdam Rijksmuseum.

  • ハーグスクールのメンバー。馬を描くスペシャリスト
  • アムステルダムの都市生活を描いた。フォトグラファーでもあったので、スナップショットを絵を描く基礎にしている。瞬間の印象を切り取っている。
  • ジャポニズムの影響を受けている

 

 

 

 

スポンサードリンク