英語学習・留学、海外滞在ブログ:en30

学校選び、留学体験記、英語学習など教育についての総合ブログです。

オランダの美術・芸術

19世紀オランダ美術史・ロマンティシズム、ハーグスクール

ロマンティシズム 慣習的な手法を使っている 技術的洗練 芸術家は、ムードを醸し出そうとしている そびえる雲、スポットライト、廃墟が特徴的 自然をそのまま写し取るのではなく、その本質を取り出そうとする Barend Koekoekは、Jacob van Ruisdaelの影響を…

レンブラントの絵画、その変遷[オランダ美術史]

レンブラント(Rembrandt van Rhijn)1606-1669 レンブラントの歴史絵画の特徴 聖書やオイディウスに取材したテーマ クライマックスの直前を描いている 様々な物語・ナラティブを示唆する絵画から、場面のドラマを強調するものへ変遷 単純化と物語のエッセン…

オランダ美術史17世紀の絵画まとめ(派ごと)フランス・ハルス、フェルメール、風景画他

ハーレム マンネリズム派(haarlem School of Mannerism)\ 1590年頃 コーネリス・ヴァン・ハーレム Cornelis van Haarlem 特徴 ねじくれたポーズで描かれた裸体群像 不自然な肌の色(緑っぽい) 主題を特定するのが困難。 世間にショックを与えようとするよ…

スポンサードリンク